browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

変動金利vs固定金利またはミックスプラン

Posted by on 2014年3月27日

変動金利でローンを組むことを検討するなら、そのリスクは十分に理解しておきましょう。

変動金利は当初の金利が低いため、チラシや住宅販売会社が返済額のシミュレーションに使いがちな金利です。

チラシを見て「こんな返済額でマイホームが買えるんだ!」と思ってしまうのは、そのせいかもしれませんね。

しかし、変動金利は経済情勢の変化とともに金利が変わりますから、金利が上昇したら返済額が増えてしまいます。

3000万円を35年返済で借りた場合、金利が1%なら返済額は月々8.5万円。2%なら9.9万円。3%なら11.5万円。

しかも、もし急激な金利の上昇があると、利息さえ払えなくなることもあるのです。

それに対し固定金利は、返済期間中、ずっと返済額が一定なので安心です。けれども、金利は変動金利より高くなります。金利が高いのは、金利が上昇したときの増額分を銀行が負担してくれる安心料ということでしょう。

両方のメリットを活かせるのが、ミックスプランです。例えば3000万円のローンのうち、金利が上昇しても繰り上げ返済で対応できる1000万円を変動金利で、残り2000万円を固定金利で組む、といった借り方です。

1人で2種類のローンを組むこともできますし、夫婦や親子で、一方は金利の低さ、一方は安心と分けて借りてもよいでしょう。

ただし、ローンが2本に分かれるために諸費用が高くなること、何十年と双方のメリットを活かした上手な繰り上げ返済をしていくのは意外と手間がかかるということは頭の片隅において欲しいと思います。

ミックスプランを取り扱っている銀行としては新生銀行住信SBIネット銀行イオン銀行などが挙げられます。興味がある方はチェックしてみてください。

住宅FP

Comments are closed.